本文へ移動
STNetのデータセンターPowericoのご紹介
2022-06-16
オススメ
昨今、災害対策・BCP対策、セキュリティ対策、安定運用・障害対策、人材配置・投資コストの最適化……などの目的からハウジングに対する注目度が高まっています。ハウジングとはラックスペース、電源、通信回線などデータセンターの設備を借り、自社サーバの設定を変えずに預けるサービスです。


STNetのデータセンターPowericoは西日本最大級のデータセンターとして2013年にPowerico-N棟のサービスを開始。2019年に2棟目となるPowerico-S棟のサービスを新たに開始しました。Powericoの特徴は下記の通りです。

■安心かつ便利な立地
 ・過去90年間に震度6以上の地震無し
 ・海抜14.5mの高台、液状化無し

■優れた電源供給力
 ・ラックあたり最大定格21kVA供給可能
 ・基幹鉄塔から直接引き込み(電柱ではない)
 ・本線・予備電源線2系統受電

■最新鋭のファシリティ
 ・無停電電源装置(UPS)は冗長構成
 ・無給油で72時間連続運転可能な自家発電機
 ・7段階のセキュリティレベル

■24時間365日のマネージドサービス
 ・100種類の豊富な運用保守サービス
 ・Powericoでの災害対策(DR)に対応した運用実績
 ・電源・空調も24時間体制で管理

サーバー、NAS等のハウジングにご興味がございましたら、ケーオー商事までお気軽にご相談下さい。
TOPへ戻る